介護老人福祉施設で働く社会福祉士

働く場所 介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)・短期入所(ショートステイ)・通所介護(デイサービス)
対象者 身体、精神もしくはその両方に障害があり常時介護を要する者(基本的には要介護3から要介護5の介護認定を受けている者)

施設の役割・社会福祉士の仕事

入所前の実態調(本人の様子を確認しにいく)や入所時の契約、入所者の調整(ベッドコントロール)を担います。その他の時間は介護職の補助として利用者の介護を担う施設が多いです。

仕事の魅力

生涯を閉じる瞬間を施設で過ごすご利用者も多いです。そのため、老化や疾病に伴う不安が出てくる利用者がいるのも確かですが、その一方で終末期を充実した気持ちで過ごしていただく配慮や、ご利用者の人生の送り方に真摯に向き合うことができます。「生き様」を間近で感じることができます。

社会福祉士養成科【夜間1年制】

埼玉県内唯一、夜間の社会福祉士養成施設です。全国トップクラスの合格率の「受験対策システム」で最短で国家試験合格を目指します。

詳細はこちら

社会福祉士養成科オープンキャンパス 資料請求