入試のポイント

大公開!
入試のポイント教えます!

書類

提出書類をもとに就学の状況などを確認します。

ここに注意!

公的な書類を書く際のマナーを守ろう

  • 黒のボールペンで丁寧に書くこと(こすると消えてしまうものはNG)
  • 誤字・脱字に注意すること(間違えてしまった場合は修正テープや液を使わずに、間違えた箇所に二重線を引き、訂正印を押すこと)

面接

将来希望する職業・志望動機・課外活動について確認します。

見ているポイント

「目的意識(やる気)」と「適性」を確認します

  • 志望した職業に就いてどのように働きたいかなど、明確な将来像があるか
  • 志望した職業に就くために意欲的に学ぶ姿勢があるか
  • 自分の長所・短所を理解し、入学後の学校生活に活かす姿勢があるか

ここに注意!

やる気が伝わるように意識しよう

  • 笑顔で挨拶をし、相手の目を見て話すこと
  • きちんと相手に伝わる声量で話すこと
  • 自分の想いを自分の言葉で伝えること

疑問や不安をイッキに解決!
入試・学費まるわかりQ&A

入試について

合格しやすい入試方法はありますか?
入試方法によって、選考に有利・不利はありません。自分に合った入試方法を見つけましょう。
面接の時間はどのくらいですか?
20分から30分程度です。事前に志望動機をまとめて、自分の想いをしっかり伝えられるように準備しましょう。
入試のときの服装は、制服やスーツの方がいいですか?
制服やスーツ以外の服装でも問題ありません。面接に適した格好で臨んでください。
入試は複数回受けられますか?
受けられません。受験できる回数は当該年度で1回のみになります。
特待生試験に不合格だった場合は、入学することができませんか?
特待生試験は入学選考の合否とは関係ありません。
特待生試験が不合格であっても入学資格がありますので、ぜひ特待生試験にチャレンジしてください。

学費について

学費の分納は可能ですか?
日本学生支援機構の奨学金を使った分納制度があります。
詳しくは分割納入プランページでご覧ください。
学費ページに記載されている学費以外に支払う費用はありますか?
原則としてありません。
ただし、海外研修に参加される方は別途費用(約40~50万円程度)が必要です。
学費について相談はできますか?
はい。オープンキャンパスでは学費の相談も可能です。
土日の来校が難しい方は、平日個別相談や、オンライン・電話等での相談も受け付けていますので、お気軽にご相談ください。
奨学金の申請はいつ行いますか?
日本学生支援機構の奨学金手続きは、高校在籍時に申請する予約採用と、本校に入学後に申請する 在学採用があります。在学採用の場合は入学後4月に奨学金説明会を開催しますので、必ず参加してください。
資料請求 オープンキャンパス LINE相談