言語聴覚士科 昼間部3年制

言語聴覚士科
昼間部3年制

埼玉県唯一の夜間部もあります!

子どもから高齢者までの
リハビリができる
言語聴覚士
を目指す

目指す資格

  • 言語聴覚士【国家資格】
  • コミュニケーションスキルアップ検定

働く場所働く場所

  • 総合病院
  • 大学病院
  • リハビリテーション病院
  • 児童発達支援施設
  • 特別支援学校
  • 特別支援学級
  • 放課後等デイサービス
  • 訪問看護ステーション
  • 介護老人保健施設
  • 通所リハビリテーション事業所
  • 訪問リハビリテーション事業所
  • 補聴器メーカー・代理店 など

コロナ禍における
言語聴覚士科の取り組み

ICT環境を整備し、コロナ禍でも学生一人ひとりが安心して学べる環境を提供しています。

ICT環境

ICT環境

第1校舎・第2校舎ともに、全館Free Wi-Fiを完備。授業等でスマートフォンを使用するため、各教室には急速充電スポットを設置しています。


moodle

moodle

授業で使用するコマシラバスや授業資料は本校学生の専用サイト「moodle」にアップされています。在校生はご自身のスマートフォンから閲覧することができます。


教室

教室

教室は一人ひとりのスペースを広く取り、感染症予防に配慮しています。後方の席からでも授業が受けやすいように、教室の真ん中にもモニターを設置しています。


演習授業

演習授業

演習授業はフェイスシールドを着用して実施しています。各教室には手指消毒用アルコールを設置し、消毒を徹底しています。

続きをみる


3つの特徴

POINT1

ことばの教室

ことばの教室

言語障害の子どもや高齢者を招き、教員の指導のもとに評価や言語訓練を実践。リビングをイメージした訓練室で、ことばに遅れのある子どもたちと関わりながら、リアルに活かせる対応力が身につきます。

POINT2

福祉とのつながり

福祉とのつながり

言語聴覚士は医療職ですが、社会福祉士や介護福祉士、保育士といった福祉職とも協働してお仕事をします。福祉や保育分野の授業も受けられ、幅広い多職種連携のスキルを養成できます。また、福祉業界との強いつながりがあるため、医療機関だけでなく、福祉分野へも就職をすることができるので、就職先の可能性が広がります。

POINT3

さまざまな場所で活躍できる言語聴覚士

在宅でのリハを経験した専任教員が複数在籍しています。病院内の訓練にとどまらず、退院後の生活を考慮した支援を習得できます。病院や在宅・福祉分野をはじめ、さまざまな場所で必要とされる言語聴覚士を育てます。

  • 活躍の場所:医療
    医療
  • 活躍の場所:福祉
    福祉
  • 活躍の場所:療育・教育
    療育・教育
  • 活躍の場所:在宅
    在宅


言語聴覚士科のまなび

実習はスモールステップ

臨床実習に入る前に約2週間の見学研修があります。複数の施設を見学することで、職場理解や利用者理解を深めます。その後4週間と8週間の実習に行くので、段階的に知識や技術を身につけることができます。

活躍の場所:療育・教育

国家試験対策センターが
受験勉強をサポート

滋慶学園グループには75校の専門学校があり、国家試験の合格をサポートする専門機関があります。国家試験センターが全国の模擬試験のデータを集約し、結果を分析するので、一人ひとりに対して、時期に合わせた合格までの勉強方法がわかります。

授業

日々の授業の流れが分かるコマシラバスに沿って計画的に授業をすすめます。

滋慶学園オリジナル模試

国家試験センターが作るオリジナル模擬試験を行ないます。

解説・講義

ポイントを絞って1年生からの授業を、総復習します。

個別指導

弱点を克服するために、進み具合に合わせて専任教員がサポートします。

国家試験

ピックアップ授業

  • 社会福祉概論

    社会福祉概論

    言語聴覚士に求められる、さまざまな福祉制度を学べます。

  • 子ども学

    子ども学

    ベテラン保育士の先生から、保育の考え方や保育実技を学べます。

1週間の時間割例

1限
09:10~10:40
言語聴覚
障害概論
コミュニケー
ション学
言語発達
障害学Ⅰ
コンピューター 心理学Ⅰ
2限
10:50~12:20
国語表現法 社会福祉概論 音声学Ⅰ 解剖学Ⅰ
お昼休み
3限
13:10~14:40
聴力検査法Ⅰ 保健体育 言語発達学Ⅰ 呼吸発声発語系の
構造・機能・病態Ⅰ
生理学
4限
14:50~16:20
- 病理学 - 英語Ⅰ 医学総論

カリキュラム

1年次

  • 心理学Ⅰ
  • 国語表現法
  • 子ども学
  • 社会人教育
  • コミュニケーション学
  • 社会福祉概論
  • コンピューター
  • 英語Ⅰ・Ⅱ
  • 保健体育
  • 医学総論
  • 解剖学Ⅰ
  • 病理学
  • 生理学
  • 内科学
  • 小児科学
  • 精神医学
  • リハビリテーション医学
  • 耳鼻咽喉科学
  • 臨床神経学
  • 形成外科学
  • 臨床歯科医学・口腔外科学
  • 呼吸発声発語系の構造・機能・病態Ⅰ
  • 聴覚系の構造・機能・病態Ⅰ
  • 神経系の構造・機能・病態Ⅰ
  • 臨床心理学Ⅰ
  • 生涯発達心理学Ⅰ
  • 音声学Ⅰ
  • 言語発達学Ⅰ
  • 言語聴覚障害概論
  • 言語聴覚障害診断学Ⅰ
  • 失語症Ⅰ
  • 高次脳機能障害学Ⅰ
  • 言語発達障害学Ⅰ・Ⅱ
  • 機能性構音障害
  • 嚥下障害概論
  • 聴力検査法Ⅰ

2年次 

  • 心理学Ⅱ
  • 統計学
  • 精神医学
  • 臨床神経学
  • 形成外科学
  • 学習・認知心理学
  • 心理測定法
  • 言語学Ⅰ
  • 音響学・聴覚心理学Ⅰ
  • 社会保障制度・関係法規Ⅰ
  • リハビリテーション概論
  • 地域言語聴覚療法学
  • 言語聴覚障害診断学Ⅱ
  • 失語症Ⅱ
  • 高次脳機能障害学Ⅱ
  • 言語発達障害学Ⅲ
  • 音声障害
  • 器質性構音障害
  • 運動障害性構音障害Ⅰ・Ⅱ
  • 嚥下障害Ⅰ・Ⅱ
  • 吃音
  • 小児聴覚障害
  • 成人聴覚障害
  • 聴力検査法Ⅱ
  • 補聴器・人工内耳Ⅰ
  • 臨床実習Ⅰ
  • 解剖学Ⅱ
  • 医療安全
  • 言語聴覚総合講座Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ

3年次 

  • 呼吸発声発語系の構造・機能・病態Ⅱ
  • 聴覚系の構造・機能・病態Ⅱ
  • 神経系の構造・機能・病態Ⅱ
  • 臨床心理学Ⅱ
  • 生涯発達心理学Ⅱ
  • 言語学Ⅱ
  • 音声学Ⅱ
  • 音響学・聴覚心理学Ⅱ
  • 言語発達学Ⅱ
  • 社会保障制度・関係法規Ⅱ
  • 言語聴覚障害診断学Ⅲ
  • 失語症Ⅲ
  • 高次脳機能障害学Ⅲ
  • 言語発達障害学Ⅳ
  • 運動障害性構音障害Ⅲ
  • 嚥下障害Ⅲ
  • 補聴器・人工内耳Ⅱ
  • 臨床実習Ⅱ
  • 臨床医学
  • 解剖学Ⅲ


一人ひとりに合った
働き方キャリアアップ

言語聴覚士は専門性が高いため、求人がたくさんあります。言語聴覚士は現在は約3万人が資格登録をしていますが、未だに人材不足です。多くの求人の中からライフスタイルに合わせた働き方を選ぶことができます。

  • 転職=ステップアップ。専門性を極めたい!
  • 嚥下を極めるために転職
  • 対象となる方を広げ、活躍の場を広げたい!
  • 学校や歯科でのことばのリハビリの掛け持ち
  • 1つの病院に勤め続けて、キャリアアップ!
  • キャリアアップ
  • 子育てしながら、働きたい!
  • 育休→時短→復帰


先生インタビュー

その他の先生インタビューはこちら

最短2年で資格が取れる夜間部もあります

言語聴覚士科Ⅱ部【夜間部2年制】

北関東唯一!最短2年の夜間学科。
時間を有効的に使って学ぶことができます。

詳細はこちら