社会福祉士(ソーシャルワーカー)とは

社会福祉士(ソーシャルワーカー)とは、病気や障がい、生活状況などさまざまな理由によって、日常の生活を送ることが困難になった人の相談を受け、安定した生活ができるようにサポートする仕事です。

社会福祉士は
安定性、将来性の高い国家資格です

  • Point1

    勤務先や地域によって差異は見られますが、都道府県の施設や団体に勤務する場合には、各地方自治体の公務員給与規定に準じた給与となっています。
  • Point2

    多くは社会福祉法人や医療法人の職員として採用されるため、安定性が高く、経験を積むことで昇進の道も望めます。

社会福祉士の活躍フィールド

高齢者の増加や社会環境の変化などにより、社会福祉士の必要性がますます大きくなってきました。その活躍の場は広く、働く場所によって相談内容や職種名も変化します。

社会福祉士(ソーシャルワーカー)

児童養護施設

保護者のいない児童や環境上養護を要する児童に対し、安定した生活環境を整えていきます。また、生活指導、学習指導などを行い、児童の心身の健やかな成長とその自立を支援します。

高齢者施設

介護老人福祉施設、介護老人保健施設、デイサービスセンターなどで、高齢者が安心して生活できるように、高齢者本人やそのご家族の相談に幅広く応じていきます。

行政(ケースワーカー)

市区町村役場にある福祉事務所で、児童や高齢者、障がいをもつ人などが安心して生活できるように幅広く相談に応じます。生活保護についても担当します。

病院(医療ソーシャルワーカー)

医療費や入院中の生活費、退院後の生活の相談、社会復帰の援助などを行います。病院の福祉相談室や保健所、介護老人保健施設などが主な職場です。

学校(スクールソーシャルワーカー)

いじめや不登校、学校崩壊など、より多様化、複雑化する問題に対して、児童本人と児童を取り巻く家庭や学校、地域にも働きかけ、問題解決にあたります。

地域生活定着支援センター

保護観察所と協働して矯正施設(刑務所、少年刑務所、拘置所、少年院)からの退所者に対して、直ちに福祉サービス等(障害者手帳の発給、社会福祉施設への入所など)につなげるための支援を行います。

地域包括支援センター

地域の人の介護予防や相談窓口である地域包括支援センターで、高齢者の介護や生活支援、消費者被害などの相談に応じるほか、虐待問題にも取組みます。

障害者生活支援センター

障害者手帳の取得や福祉サービスを受けるための申請手続き、就労などに関する相談をはじめ、福祉機器や住宅の改修・改造についての相談にも応じます。

社会福祉士養成科【夜間1年制】

埼玉県内唯一、夜間の社会福祉士養成施設です。全国トップクラスの合格率の「受験対策システム」で最短で国家試験合格を目指します。

詳細はこちら