言語聴覚士と他リハビリ系国家資格との違い

理学療法士と作業療法士と言語聴覚士の違い

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士は、同じリハビリテーション専門職であり、国家資格です。
具体的な違いをまとめました。今後の進路決定の参考にしてみてください。

基本情報

言語聴覚士
Speech-Language-
Hearing
Therapist(ST)
理学療法士
Physical Therapist(PT)
作業療法士
Occupational Therapist(OT)
資格者数
(2018年)
約3万人 約16万人 約9万人
対象 音声や言語や聴覚の障害 身体の障害 身体または精神の障害
目的
  • 音声や言語機能の回復
  • 医師の指示の下に嚥下訓練や補聴器装用訓練
  • 基本的な動作の回復(起き上がる、座る、立つ、歩くなどの動作)
  • 筋力強化
  • 応用的な動作の回復(手を使った細かな動作)
  • 社会的適応能力の回復
開業できるか 開業可能
※言語障害、言語訓練、構音訓練
※嚥下訓練や補聴器装用訓練は除く
開業不可
※医師の指示が必要のため
※個人事業主としては可
開業不可
※医師の指示が必要のため
※個人事業主としては可

仕事内容

    • 言語聴覚士(ST)

      • 構音訓練
        お口の体操、発音の獲得
      • 言語訓練
        言葉の復唱、教材を手がかりに言葉を引き出す
      • 嚥下訓練
        食べ物を使わない基礎訓練、摂食訓練
  • 理学療法士(PT)

    • 運動療法
      歩行などの基本動作、関節の可動域を維持改善する運動、筋力の改善など
    • 物理療法
      電気や温熱機器などを用いた治療
  • 作業療法士(OT)

    • 日常生活動作の獲得
      食事、着替え、身支度、排泄、入浴など
    • 手段的日常生活動作の獲得
      調理、洗濯、買い物、掃除、金銭管理など

向いている人

    • 言語聴覚士(ST)

      • 人との会話が好き
      • 根気強い
      • 観察力がある
      • 共感する力がある
      • 探究心がある
  • 理学療法士(PT)

    • 人との会話が好き
    • 根気強い
    • 観察力がある
    • 運動が好き
    • 明るく前向き
  • 作業療法士(OT)

    • 人との会話が好き
    • 根気強い
    • 人助けが好き
    • 発想が柔軟
    • 遊び心がある

言語聴覚士科【昼間部3年制】

「話す・聞く・食べる」のスペシャリスト。 こどもから高齢者までのリハビリができる言語聴覚士を目指す。

詳細はこちら

言語聴覚士科Ⅱ部【夜間部2年制】

北関東唯一!最短2年の夜間学科。
時間を有効的に使って学ぶことができます。

詳細はこちら