最短2年間で一生モノの国家資格が取れる!! 言語聴覚士科Ⅱ部

「言語聴覚士」という職業をご存じですか?
言語聴覚士は「話す・聞く・食べる」のスペシャリストです。

話す、聞く、表現する、食べる…。誰でもごく自然に行っていることが、病気や事故や加齢などで不自由になることがあります。また、生まれつきの障害で困っている方もいらっしゃいます。
こうしたコミュニケーションや飲み込みに問題がある方を支援し、自分らしい生活を送って頂けるよう支援(リハビリテーション)するのが言語聴覚士です。

同じリハビリテーションの専門職に「理学療法士」や「作業療法士」という国家資格もありますが、対象となる患者さんや仕事内容はそれぞれ異なります。

▼言語聴覚士と他リハビリ系国家資格との違い

最短2年で医療系国家資格が取得できる

言語聴覚士の資格を取得するためには、厚生労働省の認可を受けた養成校へ進学し、国家試験を受験・合格する必要があります。

養成校は以下の2つの課程に分類されます。
①高等学校卒業以上の方が対象の課程(3年制、もしくは4年制の専門学校・大学等)
②大学卒業以上の方が対象の課程(2年制の専門学校)

埼玉福祉保育医療専門学校の言語聴覚士科は上記の①、言語聴覚士科Ⅱ部は②に該当します。

なお、現在上記②の2年制課程は全国に27校ありますが、夜間課程の学科は数が少なく、東日本では本校が唯一の課程です。
(一般社団法人 日本言語聴覚士会HPより)

東日本唯一の夜間課程!
自分のペースで学んで言語聴覚士になる!

言語聴覚士科Ⅱ部は東日本で唯一の夜間課程。授業は16時30分に始まるので、日中の時間は予習・復習をしたり、アルバイトをしたり、趣味の時間に使ったりと、自由に使うことができます。
病院や福祉施設等でのアルバイトをご希望の場合、学校でもご紹介しています。

1日のスケジュール例

あなたの学びを応援!言語聴覚士科Ⅱ部応援奨学制度

大学の指定学部を卒業された方は言語聴覚士科Ⅱ部応援奨学制度で学費の一部免除が受けられます。

【免除内容】
初年度授業料の一部(30万円)免除
※返還の義務はありません
※特待生制度との併用可ですが、両方合格の場合は、どちらか免除額の大きい方のみ適用となります。

おすすめコンテンツ

  • 先輩が教える埼玉福祉の魅力
  • Senior Interview 福祉・保育・医療の先輩インタビュー
  • 埼玉福祉保育医療専門学校で働く先生
資料請求 オープンキャンパス LINE相談