クワイヤーで活躍する「保育の学生」

学校内唯一のサークル「SCWクワイヤー」。歌で勇気と元気を届けます!毎年20名近くの学生がこの活動に参加して、地域の福祉施設へのボランティアやイベントに参加しています。

今年は3月にメンバーが多数卒業し、さらに新入生の4月入会が少なく現在7名というメンバー数です。

昨年訪問した施設やイベントからは、今年もぜひ!と声をかけてもらっています。でも日程の調整がうまくいかず、すべてのご依頼にお応え出来ないのが辛いところです。

先日、新入生がボランティア・デビューをしました。気温が35度を超えてるのではないかと思える暑い日でしたね!!

さいたま市内のデイサービス施設で歌ってきました。このボランティアに参加したのは5名。その内2名が新入生です。ここで活躍している保育の学生をご覧ください!

はじめは人前で笑うことすら難しかった学生達でしたが、どうですか、この満点の笑顔!

利用者さんたちに元気になってもらいたい!笑顔を届けたい!そのように思って歌っていますが、元気をもらっているのは自分達だと気付きます。

今度はその元気と笑顔を子ども達に届けましょう!皆さん、良い夏休みを!

この記事を書いた先生

  • 保育士科
  • こども福祉科II部

浅子 元先生

音楽で子ども達と会話をしましょう! そうです、歌が歌える、ピアノが弾けるという事は、 子ども達とお話しするもう一つの「言葉」を獲得するようなもの! 皆さんの「引き出し」に一つずつ言葉を入れていくお手伝いをさせて頂きます。