卒業なさった方々へ:YELLを送ります

すでに既報の通り、3月15日(金)に、関係15校合同の卒業式が挙行されました。詳細は、ブログ「 それぞれの旅立ち 見送る喜び 」をご覧ください。

一人ひとりの思いに溢れた式となりました。

 

 

さて私からは、‘いきものがかり’のヒット曲「YELL」(詞:水野良樹)の歌詞になぞらえて、卒業なさった皆さんへ、メッセージ(YELL)を送らせていただきます。

 

皆さんは、本校での様々な取り組みを通して、それぞれ選んだ道に進んで行きます。その道で、さらに自分を高め、常に時代の変化を感じながら生きていってください。

しかし、時として自分の道や自分のいる場を見失ってしまうこともあるかも知れません。そのような時は、この学校で自分を高めてきたこと、自分の踏みしめた足跡を見つめ返してください。

「卒業」。それは、それぞれの夢に向かって、一緒に学んできた大切な仲間たちと異なる道に進むことです。しかし、その大切な仲間と過ぎしたことに誇りを持ち続けてください。

さあ、卒業なさった皆さんは、本校の生活をしっかり記憶にとどめ、仲間との心を繋ぎ続け、それぞれの道に飛び立ってください。

卒業なさった皆さんには、これから本校の卒業生と言う役割が、永遠に続きます。皆さんの後ろには、今いる後輩はもちろん、これから本校をステージとして学ぶ多くの人が続きます。

だからこぞ、本校を卒業したことに誇りを持ち、「自信と信念」を持って、これからの生活で大きく逞しく羽ばたいてください。