オペレッタ「しらゆきひめ」大成功!

11月中旬、学校内で「オペレッタ発表会」が行われました。こども福祉科Ⅱ部と保育士科の1年生による恒例の行事です。今回の成功を受けて地域の保育園から「クリスマス会」に来てくれませんか?との依頼を受けたのです。

その「クリスマス会」に今日、行ってきました。待ち合わせの駅でスコア(楽譜)を出して入念なチェックをしていました。何しろ練習する時間がないので、ちょっとの時間も無駄にすることなく子ども達を前にした本番に備えます。

出番前の控室での様子です。11月のオペレッタ発表会とは違うキャスト(役)で臨みます。気合も充分。

7人目のこびとだけやたら身長が高いのがユニークです!

さあ、子ども達の前に出ます。出番寸前でもこの余裕(?)。

1幕、しらゆきひめが動物さん達に励まされ、こびとさん達の家に向かいます。

最後は保育園の子ども達が作ってくれた、メッセージカードのプレゼントにびっくり!サンタさんと出演者全員で記念撮影です。学生は2回目の本番ということで、歌も演技も落ち着いていて、一ランク上のオペレッタを子ども達に届けることが出来ました。また来年も来てください!!と嬉しい言葉を頂き学校に帰りました。

この記事を書いた先生

  • 保育士科
  • こども福祉科II部

浅子 元先生

音楽で子ども達と会話をしましょう! そうです、歌が歌える、ピアノが弾けるという事は、 子ども達とお話しするもう一つの「言葉」を獲得するようなもの! 皆さんの「引き出し」に一つずつ言葉を入れていくお手伝いをさせて頂きます。