電車の中の、とある場面にて・・・

こんにちは 介護福祉士科の新井です

今から約20年前、僕が特別養護老人ホームなどで働いていた時には、

明治」、「大正」、「昭和(初期)」生まれの人が、介護の対象となる主な高齢者層でした。

明治、大正、昭和(初期)。

それぞれの時代にどんなことがあって、どんなライフスタイルを送った「世代」なのでしょう?

生活を支える介護職には、こんな視点での深い理解も求められます。

「明治を生きた人」と、「今(平成)を生きる人」では、生活者としてのニーズが異なるからです。

さて、今日、電車の中で70歳~75歳くらいの女性たちが、互いのスマホを見せ合いながら、こんな会話を交わしていました。

 

Bさん:「ねえAさん、〇〇のライングループに入る?

Aさん:「そうね~入れてもらおうかしら

Cさん:「これでみんなで話せるわね

Bさん:「だわね~。・・・ところで、この写真、素敵だと思わない?

Aさん:「わあ~素敵~

Cさん:「(写真を)送ってほしいわ~

Bさん:「いいわよ~

 

僕の思い出の中に生きる、明治生まれのAさん、Bさん、Cさんとは、何もかもが異なる世代。

介護の場面の「お手玉」や「おはじき」が、僕の追憶の彼方にフッ・・・と消えていった瞬間でした。

 

この記事を書いた先生

  • 介護福祉士科

新井 充春先生

日本はこれから、人類の歴史上前例のない超高齢者大国となります。これに伴い、社会の構造も高齢者向けのものに変容していくことが予測されています。たとえば、玩具の対象が子供から高齢者へ、ゲームセンターや公園が高齢者向けの内容に、等々です。 介護福祉士は、超高齢者大国を牽引するキーパーソンのひとつです。 誰もが未経験の新しい国へ。これまでにないものを創造していきましょう!