保育士科1年生、スケッチブックシアター制作中!

こんにちは!保育士科の濵渦です

朝晩すこしずつ涼しくなってきて、秋が近づいてきましたね。

 

今日は保育士科1年生のスケッチブックシアター制作の様子をお伝えします♪

スケッチブックシアターとは、スケッチブックのページを1枚1枚めくることで、お話が展開していきます

スケッチブックを使って、素敵な物語や楽しいクイズなど、学生ひとりひとりオリジナルの作品をつくっています

 

色鉛筆で塗るときもひと工夫!色彩豊かにすることで、子どもたちも興味をもってくれます♪

 

こちらの男子学生は間違いさがしをテーマに制作中!右と左、どこが違うかな??

 

こちらは大きな窓!窓からのぞいているのはだれかな??スケッチブックのページの一部分を切り抜くことで、可愛い仕掛けもできます♪

 

かわいいタコがいました!透明ファイルを使うことで、不思議な仕掛けができるんです♪完成が楽しみ!

 

「難しいなぁ~」というクラスメイトの声に、「こうするといいよ!」と教えあう優しい姿がありました♪

相談にのってくれるクラスメイトがいると、苦手なことも頑張れますね

 

最後は学校長がきてくれました!いろいろな人に見てもらうことで、新しい発見や気づきがありますね♪

 

スケッチブックシアターの完成は10月中旬!中間試験としてオリジナルのスケッチブックシアターの発表会をします

どんな作品ができるか今から楽しみです

この記事を書いた先生

  • 保育士科
  • こども福祉科II部

濵渦 咲希先生

保育士の仕事をしていて嬉しかったこと、それはたくさんの子どもの笑顔を見られたことです。 保育者の言葉、表情、関わりの一つ一つが子どもの笑顔につながっていきます。 子どもの笑顔をひきだす保育をいっしょに勉強していきましょう!