先生の練習!~保育士科1年生の授業の様子~

埼玉福祉・保育専門学校の沼澤です。

保育士科1年生の「保育内容の理解と方法」の授業で、1年生がはじめて「先生」になる練習をしました。

8人の大きな子どもたち(?)の前で、保育士の体験します。

自分で考えた保育、ねらいをきちんと伝えるって難しい・・・

折り紙の折り方を伝えるって、こんなに難しいんだ・・・と苦戦する様子。

5歳児役のみんなも、子どもになりきって保育に参加します。

 

↓ こんなに手を真っ黒にして、何をして遊んだのかな?と思ったら・・・

  

スクラッチ という技法を使って、こんなに素敵な作品が出来上がりました

私も幼稚園でお仕事をしていたときに、子どもたちとスクラッチをしてよく遊んだのですが、床が真っ黒になるくらい、こどもたちは夢中になって遊んでいたな、と懐かしい気持ちになりました

次の先生は、魔法のコップでスライム作り!

コップに魔法の飾りを付けて、その中で白い粉とお水をまぜまぜ・・・・・・すると、

わー!!と歓声があがり、隣のチームの子どもたちも興味津々

子どもの「もっとやりたい」という気持ちをどう引き出すか、授業を通して学ぶことができました。

不思議なスライムの様子は、ぜひ埼玉福祉・保育専門学校のツイッターでご覧ください