保育士科の学生、普段の顔

保育士科1年生の授業も4ヶ月目に入りました。もうずいぶん授業に慣れましたね!

自分はピアノ初心者なんです!と言っていたTさん。入学前から毎週のように学校に練習に来ていました。その甲斐あって今では結構上手にピアノが弾けます!

音楽の授業で真剣にピアノに取り組みます。来週は生活の歌の試験があります。初めて弾く曲なので頑張らないと!今日はリズム打ちの試験。「この二つの音符で一拍だから・・・」。初めて見る音符もあるようです!!

こちらは、オープン・キャンパスの一場面です。参加してくれた高校生の前で「紙ざらシアター」と「くるくるシアター」を演じました。普段の授業ではクラスのみんなの前で演じていますが、高校生の純粋な目の前だと緊張する~!

これから入学してくる高校生へのアドヴァイスに力が入ります。

普段の顔、高校生の前での顔、子どもの前の顔・・・。それぞれいろんな顔がありますが、いつでも大切なのは「笑顔」ですね!

この記事を書いた先生

  • 保育士科
  • こども福祉科II部

浅子 元先生

音楽で子ども達と会話をしましょう! そうです、歌が歌える、ピアノが弾けるという事は、 子ども達とお話しするもう一つの「言葉」を獲得するようなもの! 皆さんの「引き出し」に一つずつ言葉を入れていくお手伝いをさせて頂きます。