働きながら学ぶこと・・・国試合格へ

埼玉福祉・保育専門学校には「社会福祉士専攻科」という、スクーリングや課題添削を中心とした国家試験合格を目指すコースがあります。今年は3月に卒業して1年間の実務経験を経て試験に臨む20歳代前半の人から既卒で挑戦する60歳代の人など幅広い世代の方たち13名で5月6日に開講。土曜日中心のスクーリングがスタートしています。

2020年2月の試験本番まであと8ヶ月。その間に集中勉強会、全国模擬試験に挑戦しながら自宅学習に取り組みます。このコースは課題問題を解くことで自分の到達点が分かり、スクーリング講義で苦手科目の克服を目指せます。

仕事を持ちながら勉強するには時間確保と体力維持が勝負です。この数日間の異常な高温。体調崩さず乗り切ってほしいものです。埼玉福祉・保育専門学校はこのように昼間の通学生だけでなく、夜間の通学生やスクーリングで国家試験合格を目指す、仕事と勉強を両立させられる学びの場です。

頑張られるエネルギーの源は供に学びあえるクラスの仲間の存在です。