平成31年度 社会福祉士養成科 卒業式

桜の開花が聞こえる頃、社会福祉士養成科の学生達が卒業式を迎えました。
1年間で245日間の登校と23日以上に及ぶ実習、合計1200時間の養成課程。
雨の日も風の日も通い続けた養成科の皆さん。本当にお疲れ様でした。

 

実習が終わり、相談援助実習指導の授業内で1年間の振り返りの発表がありました。
卒業式の様子(写真)に合せて、養成科の学生達の1年間の感想や今後の決意を一部ではありますが紹介して、平成31年度最後の養成科ブログとしたいと思います。

・仕事を辞めてまでのチャレンジだったのに、勉強についていけず、11月頃は本当に辞めようと思い、元の職場に戻っておいでと言ってもらえて…。クラスメイト達に支えてもらえて合格しました。落ちたらもう学校は来ないつもりでしたが、不合格だった方が来ててみんなにお祝いも言っていてすごいと思いました。
・ケアマネ、介護福祉士を将来は取得し、養成校の講師もやってみたい。
・学校でカッコいい大人にたくさん出会えた。スクールソーシャルワーカーや特別支援学校の教諭も目指したいと思っている。
・介護福祉士から社会福祉士を取得し、夏ごろ本当にツラくて辞めようと思ったがクラスメイトに「あなたがいるから俺も頑張れている」と言われここまで来れました。先生の特講も助かりました。
・演習が始まりみなさんとの距離が縮まりました。卒業後も情報交換も兼ねて会いたいです。
・合格発表以降飲み続け、今も2日酔い。不真面目な生徒でしたが、これからはその反省もいかして… 母が合格を自分の10倍喜んでくれた。
・実習がつらくて8キロ痩せた。めったに褒めない父にほめられた。
・在学中つらくて3回泣いた。みんながいて12月に火が付いた。高校時代に2回転校した。ここはみんなが優しくて青春でした。
・10人中7人落ちる試験だからこそ自分なりに工夫もしたけど、仲間がいたからこそ。来年は介護福祉士に挑戦します。
・落ちた自分が来たら、みんなに気を遣わせると思って、休もうかと思ったのですが、みなさんに「おめでとう」が言いたくて来ました。

1年間ありがとうございました。   

この記事を書いた先生

  • 社会福祉士科
  • 社会福祉士養成科

宮田 剛先生

国家試験合格だけでなく、ソーシャルワーカーとしての資質も高められる1年に!