オンリーワンの専門学校のために

生たちは、1年間の学習もほぼ終え、来週には卒業式も控えております。ご存知の通り、学校は年度で動いており、3月31日までが平成30年度です。しかし、新年度となる4月には新しい学年が始まり、新入生に対するも導入研修が行われます。

したがって、この時期の教職員は、今年度のまとめとともに次年度の準備に勤しみます。その中で、教職員の研修も行われております。これらにつきましても、教職員一同真剣に取り組んでおります。

研修では、学校としての理念を再確認しております。本校は、在学中の教育はもちろん、入学までの期間を「入学前教育」、卒業後を「卒後教育」と位置づけております。すなわち本校で養成する人材は、一貫した理念のもとに実施している「職業人教育」と「キャリア教育」を通した専門的な職業人です。

 

本校では、高校生等を対象に土日を利用したオープンキャンパスを行っております。これに関しましては、学生募集の意味合いだけではなく、学校訪れる一人ひとりの方が職業理解や将来設計を図るための取り組みです。すなわち、「キャリア形成期」として位置づけております。

 

在学中は、専門的な知識や技術を学ぶとともに、人と関わるための人間性の向上グローバルな視点が持てるように取り組んでおります。これは「キャリア設計期」として位置づけております。

そのためには、授業を第一とし、授業の充実を図ることを通した主体的な学びの実現に向けた授業改善に取り組んでおります。

 

そして卒業した後は、それで完結とは考えず、卒業後も実際の職業現場の中でさらに自身を高められるようび、卒業生と学校が一体となって取り組んでおります。15日に実施される卒業式によって、卒業生を対象とした新たな「卒後教育」が開始されます。これを「キャリア開発期」として位置づけております。

このように、本校では一貫した理念のもとに「職業人教育」に取り組んでおります。そして、そのことを通して「埼玉オンリーワン」の専門学校をめざしております。

高校生の皆さん。新たな学びを考えている皆さん。ぜひ、安心して本校で自己実現を図ってください。