はじめての保育実習!実習前教育って?

こんにちは、保育士科の濵渦です

 

今週火曜日より、保育士科1年生のはじめての保育実習がはじまりました

保育実習にあたって先週木曜日に実習前教育を行いました

 

実習日誌の確認や服装のチェックなど、初めての実習も安心してスタートできるように、保育士科の職員みんなで学生を応援しています

ゆみこ先生、浅子先生の激励の言葉に、学生のやる気も高まりました!

スペシャルゲストとして学校長もきてくれました!温かい言葉をいただいて、学生の気持ちも引き締まりました

 

一足先に幼稚園実習を終えた学生からも、実習に対するアドバイスや実習の楽しさを発表してもらいました

「子どもたちからたくさん声をかけてくれてうれしかった!」「実習日誌は時間がかかるから早めに書き始めたほうがいい!」などなど、ためになるクラスメイトの体験談に、みんな一生懸命耳をかたむけていました

 

エプロンシアターなど、子どもたちに楽しんでもらえる準備もばっちりですね

林かずこ先生が教えてくれた「プリティーうんちっち」の手遊び!可愛いメロディーと愉快な歌詞に学生も思わず笑っていました♪

 

はじめての実習を先生たちみんなで応援しています

子どもたちから笑顔と元気をもらって12日間の実習がんばってくださいね

みんなが無事に学校に帰ってくるのをまっていますよ

 

この記事を書いた先生

  • 保育士科
  • こども福祉科II部

濵渦 咲希先生

保育士の仕事をしていて嬉しかったこと、それはたくさんの子どもの笑顔を見られたことです。 保育者の言葉、表情、関わりの一つ一つが子どもの笑顔につながっていきます。 子どもの笑顔をひきだす保育をいっしょに勉強していきましょう!