学生たちへのメッセージ

保育士科1年生は、来週からの保育園実習に備えて、実習前の学習を実施しております。学生たちはスーツに身を包み、一人一人が準備してきた「エプロンシアター」の発表を行っていました。

 

いよいよ、小さなお友だちを前に、自分たちがここまで思い描いてきた保育の現場での第一歩が刻まれます。その場は、本校に入学前に思い描いてきた「未来」の自分の姿でしょう。

最近、学生たちへのメッセージとして、歌の歌詞を引用したりしています。

SMAPのヒット曲「夜空ノムコウ」の一節です。学生たちは、「あの頃の未来」に立っています。必ずしも順調とはいえない日々だったかも知れません。でも、自分を信じ、本校での経験を信じ、そして誰よりも皆さんを待っていてくださる方々を信じ「夜空の向こうに待っている明日」に向かって、さらに取り組んでください。

同じくSMAPのヒット曲「Triangle」の一節です。誰もが大切な命であり、それぞれ異なる役割を持っています。人と出会い、人と関わること。それは、まさに奇跡と言えるものです。ぜひ、その奇跡の中で、一人ひとりを大切にし、自分自身の役割を探究してください。

来年の12月31日に活動を休止する、嵐のヒット曲「感謝カンゲキ雨嵐」の一節です。本校を卒業した後に迎える職業生活の中でも、辛く苦しいこともきっとあります。しかし、そのようなときこそ「Smile Again」。皆さんの周りには、大切な仲間はもちろん、本校で机を並べている素敵な仲間がたくさんいます。

「君がいて  Smile Again 嬉しいよ」と、言い合える関係を作ってください。

本校は、それぞれが思い描いている「未来の姿」に向かって、多くの「人との出会うという奇跡」を感じながら、「Smile Again」で毎日取り組んでいる。そのような学校です。