「平成」と共に歩んだ介護福祉士科。

新年あけましておめでとうございます

介護福祉士科の新井です

今年もどうぞよろしくお願い申し上げます

さて、いよいよ「平成」最後の年になりました。

平成と共に歩んだ介護福祉士科。その歴史の節目・・・

時は平成8年(1996年)。

介護福祉士科の誕生日 介護福祉士科が産声をあげた年です

平成8年には・・・コレ

 

『ルーズソックス』や『たまごっち』が大流行

知ってますか たまごっち・・・

さて、平成9年(1997年)。初の卒業生を輩出します

あれから23年・・・

介護福祉士科は、保護者の方々、高校の方々、業界の方々、地域の方々からご指導、ご鞭撻いただきながら、23歳まで育てていただきました。

おかげさまで、これまで2214名の卒業生(介護福祉士科・介護福祉士科Ⅱ部)が、地元の埼玉県を中心に、全国に羽ばたいていくことができました。

おや? 平成17年(2005年)の宮田先生がいます・・・

介護福祉士科の担任などをされてました

凛々しい

 

この記事を書いた先生

  • 介護福祉士科

新井 充春先生

日本はこれから、人類の歴史上前例のない超高齢者大国となります。これに伴い、社会の構造も高齢者向けのものに変容していくことが予測されています。たとえば、玩具の対象が子供から高齢者へ、ゲームセンターや公園が高齢者向けの内容に、等々です。 介護福祉士は、超高齢者大国を牽引するキーパーソンのひとつです。 誰もが未経験の新しい国へ。これまでにないものを創造していきましょう!