地域の子どもたちと「ピーターパン」

こんにちは。保育士科の由美子先生です。

9月9日(日)埼玉福祉・保育専門学校がある大宮区仲町の敬老会に参加しました。

仲町の子ども会のみなさんと保育士科2年生の保育ゼミの学生がオペレッタ「ピーターパン」を演じました。

8月末に一度練習会があり、子ども会のみなさんは歌を覚え、踊りを覚え、剣の使い方を覚え、かわいい海賊と妖精ティンカーベルになりました。このオペレッタは保育士科の学生が1年生のときに授業で取り組んだもので、衣装を作り、踊りを考え保護者を迎えて上演した演目です。

練習会で子どもたちに優しく、おもしろく、元気に教える姿は、2回の実習を経て成長した力強さを感じられるものでした。

休み時間に「誰に似てる?大会!」になり、「メイプル調合金の安藤なつ!」という小学生に「北川景子でしょ!」と言い返す学生Oさん。この掛け合いで一気に小学生との心の距離が縮まり、肩の力を抜いてオペレッタを一緒に楽しめる仲間になりました。

本番では敬老会にご参加のみなさんに「かわいいね。」と喜んでいただきました。地域の皆さんに守られている学校です。貴重な経験をありがとうございました。