国際教育 2021年度 【保育士科】

こんにちは。埼玉福祉 保育士科の平井です。

先日は、各学科の1年生の「国際教育」期間でした!

それぞれの学科での学びを土台に、国際的ゲストをお招きしてご講演頂いたり、海外の福祉事情に目を向けて考える機会を設けたり…いつもとは少し違う学習をしています。

 

保育士科では、1日目にジェリ=マーティンさんが来てくださいました。

アメリカ生まれのセサミストリートの絵本を、日本語翻訳された方です!

セサミの世界から「多様性」について学び、

自分と相手との違いについて考えるきっかけが生まれました。

2日目は、スウェーデンの子育てについての講演を、ウルリカさんからお聞きしました。

雪景色の中のおひるねバギーや、食文化(豚の丸焼き!)にびっくり、

壮大な自然の風景にうっとり…。

 

学生たちの心に響いたのは、

「日本はみんなと一緒、おとなしく控えめが良いことのように言われる。

スウェーデンでは、自分の意見を持って伝えないと、やっていけない」

という価値観の違いのようでした。

多様な子どもの保育にあたる立場の保育者として、

個性を守り、活発に表現しようとする姿を、大切にしたいものです。

2日目の後半には、同じくスウェーデン発祥の玩具会社BRIOの方から、玩具の意図についてお聞きしました。

魅力いっぱいの玩具をあれこれ手に取り、童心に帰って遊んで、積んで崩して…

最後にはお土産まで頂いて!特別な1日でした。よかったね^^

 

3日目以降は、

みんなで主体的に活動を開始!

ここまでの学びや気付きを、オリジナルムービーで表現する、というプログラムです。

登場させるマペット人形はみんなの手作り!

 

多様性をテーマに台本を考え、BGMや背景、セットにもこだわり…

グループで知恵を出し合いながら、素敵な映像ができあがりました。

昼間主は大宮公園まで出かけ、秋の自然の中でのびのびロケ!

夜間主は、静まり返った夜の学校のあちこちで撮影会です。

5日目、それぞれのクラスで発表会が行われました。

どのグループの映像からも「多様性」の尊さが伝わってきます。

一生懸命作った作品を語る声から、あたたかみを感じました…

「ジェンダーフリー」

「障害理解」

「認め合い」…etc

様々な角度から、多様性、共生についてメッセージを届けてくれた、学生たちです。

丁寧に紡いだ作品は宝物になりました。

 

大忙し…

でもとても充実した5日間の国際教育!

保育士になったら…

どんな出会いがあるのかな?どんな個性を持つ子どもと過ごすのでしょう…楽しみですね。

ぜひ、その個性を大切に見つめることができる保育士になってほしいと、心から願います。

今回の国際教育が、皆さんの将来の糧となりますように。

---------------------

 

滋慶学園グループでは設立以来、

「実学教育」

「人間教育」

「国際教育」

の3つの教育理念を基礎として、時代に即した職業人教育を行なってきました。

埼玉福祉保育医療専門学校でも、毎年この時期には【国際教育期間】を設け、世界を視野にいれた考え方を知ることや、様々な出会いを経験することを大切にしています。

 

授業の一環ではありますが、どの学科もおたのしみやサプライズ、アクティブな活動盛りだくさんで、にぎやかで明るい雰囲気でした!

コロナ禍で、制限の中での生活は続きますが…気持ちはグローバル!

いまここで、できることを頑張ろう!

みんなの力が、頼もしく感じた1週間です。

おすすめコンテンツ

  • 先輩が教える埼玉福祉の魅力
  • Senior Interview 福祉・保育・医療の先輩インタビュー
  • 埼玉福祉保育医療専門学校で働く先生
資料請求 オープンキャンパス LINE相談