社会福祉士科の様子ともうすぐ学園祭!!

こんにちは。

社会福祉士科の金子です。

 

実習おかえりなさいの社会福祉士科2年生の「相談援助演習」という授業では、実習で「たのしかったこと」、「むずかしいと感じたこと」をみんなで共有しました。

「最初は話しかけても反応してもらえなかったけど、何日後からは利用者さんから話しかけてもらえた」

「最初は自分のかかわりを不安そうに見ていた利用者さんが、あなたにやってほしいわと自分を指名してくれた」

「家に帰りたいと話す利用者さんにどう言葉を返していいかわからなかった・・・」

「話をするとき、距離感がむずかしかった」

どれも、ソーシャルワーカーになるうえで大切な喜びだし、悩みだと思います。

他の学生の発表にもみんな熱心に耳を傾けていました。

 

授業中はまじめに、休み時間は楽しく!

授業をやっている「保育家政室」には魅力的なものがたくさんあります。

 

 

さて、10月20日は学園祭です。

学生のみなさんが、来ていただいた方に楽しんでいただけるよう一生懸命準備をしてくれています。

ぜひ、みなさまお誘いあわせのうえ、お越しください。

楽しいイベントがいっぱいです。

 

埼玉福祉・保育専門学校の学園祭に行こう!

 

たのしい企画たくさんあります!

 

待ってます!

 

もちろん、学校の教職員も待っています!

 

一緒に楽しみましょう!!

この記事を書いた先生

  • 社会福祉士養成科

金子 毅司先生