他職種との連携を育む「つながりの授業」

こんにちは

介護福祉士科2年生担任の奥畑です。

現在、2年生は定期試験の真っ只中です

みんな一生懸命頑張って、試験勉強に励んでいます。

今日は、介護福祉士科と社会福祉士科の合同授業を紹介いたします

2年生は、卒業後、現場で他職種と働きます。そして利用者様の生活を

それぞれの専門職と連携・協働して支援していくことが必要になります。

本校では、福祉の複合校の強みを生かして、社会福祉士科と合同で

同じ教室で連携について学ぶ授業があります。それが「つながり授業」です。

今回は、社会福祉士科は実習に出ているため、介護福祉士科でのみの授業でした。

テーマは『地域の課題に対して私たちができること』をさいたま市のホームページや

資料などを調べて、さいたま市の課題を理解してグループでできることを発表しました。

  

さつまいもで地域交流を考えたり、ユニバーサルデザインのメリットやデメリットに気づき

すばらしい発表ができました。

 

発表を聞いて、今までしっかりと学び成長していると確信しました。立派な介護福祉士に

なると!!頑張れ~2年生。

この記事を書いた先生

  • 介護福祉士科II部

奥畑 幸一郎先生

 分かる授業・楽しい授業を目指して、日々学生さんと学び続けています。介護 福祉士はすばらしいお仕事です!一緒に学びませんか。