大変だ~…と思いきや。

社会福祉士科2年生の本日のお昼休みの様子。

(全員載せられなくてごめんなさい!)

 

思い思いの時間を過ごしていますが…

彼らは今週、定期試験(前期期末試験)の真っ只中。

「月曜日に1科目、火曜日に2科目、そして今日は4科目。

と言うことは、今日の2年生は大変だ~

と思いながら教室に入ったところ、声を掛けると快く写真撮影に応じてくれましたよ。

学生が手にしているのは、教室に入った私が試験中にもかかわらず配布した「実習前教育時間割」

 

そうです。

彼らは定期試験後、ほんの少しの夏休みを経て「相談援助実習」いわゆる法定実習に入ります。

 

定期試験

実習

国際教育

 

日々の過密なスケジュール。多忙を極める中、24名がそれぞれ自分なりに努力しているなと感じます。

つい数日前まで、彼らの担任であり3年生の担任でもある私は、3年生の実習巡回で毎日不在。

実習準備を進めなくてはいけない中、担任の不在が多く、とても苦労したと思います。

 

実習では失敗しても大丈夫。

それをどう乗り切るかを考えて、行動に移してみるチャレンジを!

主語を「私」「自分」にするだけでなく、自分ではない「ご利用者」「〇〇さん」にすることも試みてほしい。

たくさん発見して、学ぶことを心から楽しめる人になってほしい。

あなたたちの未来は、皆で手を繋ぐことで「そう悪くない」と思えることを知ってほしい。

人とつながり続けるこの仕事を、もっと好きになってほしい。

自分自身を大切にできる人になってほしい。

 

伝えたいことはたくさんありますが…今日はここまで!

 

実習で成長するであろう皆さんの姿を思い描き、サポートに入ります。

では!

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた先生

  • 社会福祉士科
  • 社会福祉士養成科

山﨑 奈穂先生

人の人生に対し責任を伴う社会福祉士。一生勉強できます。