【言語聴覚士】資格取得後のスキルアップ

授業、実習を経てようやく得られる国家資格。

取得まで大変なことも多いですが、言語聴覚士になった後も最新の知識や情報を学び続け、日々の仕事に活かしていくことが大切になります。

では、どんなスキルアップがあるのでしょう?

 

①都道府県の言語聴覚士協会の勉強会

地域の言語聴覚士協会で講習会や勉強会を開催しています。

そこに参加すると、新しい知識が得られたり、自分の担当している言語障害の方々の参考になります。

近郊で働いている言語聴覚士と知り合うことができることで、情報交換の場が増え安心して働き続けられるようになるでしょう。

②日本言語聴覚士協会などの勉強会

実務者向けの実用的な講習会や、【認定言語聴覚士】取得につながる講習会などを開催しています。

講座を履修しポイントをためると、認定士取得のための講習会に参加することができます。

③学会で発表

日本言語聴覚学会、日本コミュニケーション障害学会、日本高次脳機能学会、日本摂食嚥下リハビリテーション学会、日本訪問リハビリテーション協会学術大会など、言語聴覚士が参加する学会は毎年開催されています。

日々の取り組みや成果についてまとめ、学会発表することで、自身のスキルアップにつながります。

 

言語聴覚士の資格を取得した後も、スキルアップし続け、素敵な言語聴覚士になりましょうね。

この記事を書いた先生

  • 言語聴覚士科
  • 言語聴覚士科Ⅱ部

室田 由美子先生

おすすめコンテンツ

    • 先輩が教える学校の魅力
    • Senior Interview 業界で活躍する先輩インタビュー
    • 内定者速報
    • 埼玉福祉で働く先生
資料請求 オープンキャンパス LINE相談