社会福祉士養成科  ~演習科目「相談援助演習」が始まりました!~

今年度の社会福祉士養成科は、4月から9月中旬までの23週間で13科目を終えたところ。

1月中旬までの残り16週間で9科目を残すところとなりました。

その後、相談援助実習指導、国家試験(2月3日)と相談援助実習が控えており、その実習と密接に関連する科目が「相談援助演習」です。

これまでの13科目は全て「講義」科目でしたが、初めての演習科目に取り組んでいる在校生の様子をご覧ください。

この日のテーマは「ソーシャルワーカーとしての自己覚知」。

ソーシャルワーカーは自分の価値観、感情、反応の適切さなど、自分についてよく理解しておくことが必要です。

この演習では「イメージの名刺交換」として、自分のイメージを動物と色にたとえてカード(名刺)の裏面に書きます。

表面には名前のみ。

名前を表にしてグループ内で名刺交換をしたのち、シャッフルして表裏を返し。

そこに書かれたイメージをヒントに、誰の名刺か予想して本人に返します。

本人であれば名刺は受け取られ、違うと戻されます。

このような演習をこの日は3つ行い、自分自身の理解を深めました。