profile

保育士科 夜間主コース 2023年卒業見込み

子どもとの関わりが優しい心を気付かせてくれた

先輩が教える学校の魅力

入学前は何をされていましたか?

病院で看護助手(介護福祉士)として働いていました。病院では、食事・排泄・ベッド乗降の補助・入浴等、介助全般を担う日々でした。

保育士を目指した理由・きっかけは?

主に終末期の患者さんの看護に携わる機会が多く、「人の死」というものに立ち会わざるを得なかった経験から、「人って死ぬときはあっという間に死ぬんだ」「人生、一回きりだ。後悔したくない」という思いを抱くようになりました。何か新しいことに挑戦したい。人の中に何かを残せる仕事を…と刺激を求めていた時、小さな子どもをみて優しい気持ちになれる自分に気が付きました。これが、保育士を目指そうと思ったきっかけです。

埼玉福祉を選んだ理由は?

唯一、夜間主コースがある専門学校だったからです。ワーク&スタディ制度を利用し実際に現場で働くことで、学校での学びを深められると考え選びました。 入学してから感じた良さは、授業で学んだことを現場で目の当たりにした時に、「あれは、こういう意味だったんだ」と気付かされることが多くあることです。 また、保育士という仕事の大変さ・難しさを知れたことも良かったと思います。

学生生活について教えてください。

授業は夕方からです。それまでは学校から紹介して頂いた保育園でアルバイトをしています。そんな日々を繰り返しています。 保育士科の授業では、模擬保育や発表など、人前で話す機会が多くあります。今までは人前に立つことが苦手で、それがうまくできませんでした。そんな中、先生方は「失敗しても良い」「むしろ思い切って失敗してほしい」と言ってくださり、少しずつ前向きに取り組めるようになりました。 他にも、点字や手話など全く知らない授業もあり楽しいですよ。不安や気負うことはないです。心配いりません。

ワーク&スタディで身についたことを教えてください。

子どもの前では、自信を持って振舞う態度が身につきました。保育園でのアルバイトでは、初めは何もわからず自信もないため消極的だったと思います。 子どもはそういう所を、よく見ているんですよ。「この先生、大丈夫かな?」って。 「子どもたちの不安になってはいけない。このままではダメだ。」と、思い切って明るく振る舞うことを意識し始めたら、子どもたちとの関係は好転していきました。 この時の経験が、授業でも前向きな姿勢で取り組む意識へ繋がった、と思います。

これから保育士を目指す方へ

うまく行かないこと沢山あると思います。そこからが本番です。 周りの人の力を借りながら乗り越えましょう。  辛くなったら時には逃げて大丈夫。

資料請求 オープンキャンパス LINE相談