言語聴覚士科Ⅱ部
夜間部2年制

※設置計画中

医療・福祉・児童発達分野で
活躍できる
言語聴覚士を目指す

働く場所

福祉

  • 介護老人保健施設
  • 通所リハビリテーション事業所
  • 特別養護老人ホーム など

教育

  • 通級指導教室
  • 特別支援学校
  • 特別支援学級 など

医療

  • 大学病院
  • 総合病院
  • リハビリテーション専門病院
  • 地域の診療所 など

介護予防

  • 訪問リハビリテーション事業所
  • 訪問看護ステーション など

おすすめのイベント!

病院見学会

しっかり学ぶ昼間部希望の方はこちら!

言語聴覚士科【昼間部3年制】

「話す・聞く・食べる」のスペシャリスト。
こどもから高齢者までのリハビリができる言語聴覚士を目指す。

詳細はこちら

言語聴覚士科Ⅱ部の3つの特徴


北関東唯一!
最短2年の夜間学科

授業は16:30から始まるので、日中はアルバイトをしたり、 自習をしたり、ゆとりを持って、就職活動を始めることができます。自分のやりたいことや生活スタイルを守りながら、 最短の2年で国家試験を取得することができます。夜間2年制の学校は北関東で埼玉福祉・保育専門学校だけです。

  • 面接指導
  • 就職ガイダンス


国家試験対策センターが
受験勉強をサポート

滋慶学園グループには75校の専門学校があり、国家試験の合格をサポートする専門機関があります。国家試験センターが全国の模擬試験のデータを集約し、結果を分析するので、一人ひとりに対して、時期に合わせた合格までの勉強方法がわかります。

国家試験合格までの流れ

授業

授業の年間計画がわかるシラバスに沿って計画的に学習します

滋慶学園オリジナル模試

国家試験センターが作るオリジナル模擬試験を行ないます。

解説・講義

ポイントを絞って1年生からの授業を、総復習します。

個別指導

弱点を克服するために、進み具合に合わせて専任教員がサポートします。

国家試験


業界とのつながりを活かし
福祉分野にも就職できる

言語に障害を持つ子どもたちや病院から地域での生活に戻ってきた患者さんをリハビリできる言語聴覚士のニーズが高まっています。福祉業界でたくさんの卒業生が活躍しているので、福祉業界との強いつながりがあります。そのつながりを生かして、医療機関だけでなく、福祉分野へも就職をすることができるので、就職先の可能性が広がります。

福祉分野で活躍する卒業生

5,555

※2018年3月実績

卒業生数 特別養護老人ホーム 551施設 1,944名
介護老人保健施設 146施設 513名
児童福祉施設 96施設 370名

※開校から2018年3月卒業生の延べ数(全学科)

業界との繋がり

医療法人財団 ヘリオス会病院
姉妹校卒業 O
さん

患者様と一緒に人生を歩むかけがえのない仕事です

中学生の頃から言語に興味があり、言葉を仕事にしたいと思い、言語聴覚士になりました。現在は入院されている患者様にリハビリテーションを行っています。長い期間を通して、患者様一人ひとりとコミュニケーションを取り、機能が回復し、無事に退院できた時に、本人やご家族から「良くなったよ、ありがとう」と言われることを嬉しく思います。

特定非営利活動法人エファタ会館ことばの教室
姉妹校卒業 N
さん

たくさん褒め、共感し、「できた!」を一緒に喜び合います

こどもが好きで保育士と迷っていましたが、祖母が脳梗塞になった時に言語聴覚士の方に助けていただいたことがきっかけで、言語聴覚士を目指しました。こどもたちはハンディを抱えながら生きているので、マイナスに感じていることを自信に変えられる関わり方を心がけています。一緒に考え、共に苦労し、一緒に「できた」を喜べる指導者でありたいです。

言語聴覚士科
室田 由美子
先生

自分のスキルアップが人のお役にたてる仕事です

病院から地域、小児から高齢者まで、何でも対応できる言語聴覚士を目指していました。言語障害や嚥下障害をお持ちの方々を良くすることで、心から感謝され、ご本人やご家族の人生までも豊かにできることに大きなやりがいを感じています。また、自分のスキルを磨くことで、より早く幅広く障害を軽減できるようになることが、この仕事の面白味です。

言語聴覚士科
栢森 進吾
先生

その方が望む生活を支えたいです

ことばや飲みこみのリハビリテーションが必要な方のご自宅をまわり、その方が望む生活ができるように支援しています。病院から退院した後、ご自宅で生活をされている方のリハビリテーションができる言語聴覚士が不足しています。訪問リハビリの大切さや魅力を伝えていくことで、一人でも多くの方に言語聴覚士として活躍して欲しいと願っています。


pick up
授業内容

  • 言語や聴覚機能に障害がある方への支援方法を学ぶ
    言語聴覚障害診断学

    脳のどの部分がどんな働き方をしているのかを学び、さらに患者様の様々な症状をどのように検査するのか、実技を通して身につけます。

  • 臨床実習の目標設定を行う
    実習前教育

    実習に向けた不安の軽減と実習の目標設定を目的に、実習先の先生から実践的なアドバイスをもらいます。

1週間の時間割例

5限
16:30~18:00
音声障害I 嚥下障害II 成人聴覚障害I 高次脳障害II 小児聴覚障害I
6限
18:10~19:40
7限
19:50~21:20
失語症III 言語学II 言語発達学II 運動障害性構音
障害演習
音声障害II

目指す資格

  • 言語聴覚士【国家資格】

カリキュラム

1年次

  • 解剖学
  • 病理学
  • 生理学
  • 内科学
  • 小児科学
  • 精神医学
  • リハビリテーション医学
  • 耳鼻咽喉科学
  • 臨床神経学
  • 形成外科学
  • 臨床歯科医学・口腔外科学
  • 聴覚系の構造・機能・病態
  • 臨床心理学
  • 学習・認知心理学
  • 心理測定法
  • 音声学
  • 音響学
  • 言語発達学
  • リハビリテーション概論
  • 言語聴覚障害概論
  • 言語聴覚障害診断学
  • 失語症I
  • 失語症演習
  • 高次脳機能障害学
  • 言語発達障害学I
  • 言語発達障害演習
  • 機能性器質性構音障害
  • 嚥下障害
  • 小児聴覚障害
  • 臨床実習I

2年次

  • 解剖生理学
  • 呼吸発声発語系の構造・機能・病態
  • 神経系の構造・機能・病態
  • 生涯発達心理学
  • 心理測定法
  • 言語学
  • 聴覚心理学
  • 社会保障制度・関係法規
  • 音声障害II
  • 運動障害性構音障害III
  • 運動障害性構音障害演習
  • 吃音
  • 成人聴覚障害
  • 聴力検査法I
  • 補聴器・人工内耳I
  • 臨床実習II

言語聴覚士科
BLOG

学費を理由に夢を諦めないで!
学費サポート制度

皆さんの新しいチャレンジをサポートする学費サポートをご用意しています。

詳細はこちら

社会人向けイベント