profile

  • R.I さん
  • 浦和明の星女子高等学校 出身
  • 言語聴覚士科

高校を卒業 → 大学進学 → 役者になる夢を諦めきれず、大学を中退 → アルバイトをしながら芝居に熱中 → 埼玉福祉保育医療専門学校へ入学

「言語聴覚士になる」を叶えられる!

再進学を決めた理由は?

小学生の頃から芝居に興味があり、中学・高校では演劇部に所属していました。高校卒業後、大学で学びを深めることも考えたが役者になる夢を諦めきれず、両親に「22歳まで芝居をやらせて欲しい」と懇願し、歯科助手、事務、イベントスタッフのアルバイトをしながらお芝居に熱中。23歳になる今年、芝居をやりきったという思いが強くなり、再進学を決意しました。

言語聴覚士を目指した理由・きっかけは?

高校生の頃から高齢者施設でボランティアを行っており、そこで構音障害の利用者と出会い、仲良くなりました。芝居で辛いことがあった時にその方に「もうやめちゃおうかな・・・」とつぶやいてしまったら、「大丈夫!」と言ってくれたことがとても嬉しく、心に残っています。普段は言葉がはっきりしない方なのですが、その時ははっきりとその言葉が聞き取れ、その一言が私の支えになりました。高齢者の方が好きということもありますが、この時の体験が言葉に障害を持つ方を支援する仕事に就きたいと思ったきっかけです。

埼玉福祉を選んだ理由は?

オープンキャンパスに参加した際、学生や先生の雰囲気がとても良く、この学校で学びたいと思いました。また、学内実習(ことばの教室)の機会があり、埼玉県の就職に強いことも魅力に感じていました。

先輩が教える学校の魅力

言語聴覚士科の特長は?

言語聴覚士科は医療職ということもあり、身体の構造や機能など、専門的な科目がとても多いです。専門科目は一見すると難しく見えるのですが、先生がわかりやすく教えてくれるので、苦手意識を持つことなく勉強できます。どの科目の先生も質問しやすい空気を出してくれるので、疑問もすぐに解消できます。 グループワークも多く、人によって着眼点の異なる意見が出たりするので、とても刺激になります。

言語聴覚士科はどんなクラス?

みんな明るく優しく、仲良しです!一人一人個性があるので、誰と話しても楽しくて、毎日学校に来るのが楽しみです。休み時間は全力で楽しみ、授業はしっかり真面目に取り組むなど、メリハリのあるところがとてもいいなと思います。

埼玉福祉を選んだ理由は?

オープンキャンパスに行った際、学校や在校生の雰囲気が明るく、親しみやすい先生が多い印象を受けたことが一番の理由です。ICT教育も進んでいて、国試についてのサポートも厚く、「この学校なら私も言語聴覚士になれる」と自分の具体的な未来像を描くことが出来ました。 また自宅から近いことや、埼玉県の就職に強いことなども魅力でした。

好きな授業は?それはどんな授業?どんなところが好き?

好きな授業は失語症です!言語聴覚士の花形とも言える失語症について学びます。この科目で学んだことを症例検討などに生かしていきます。 いろんなタイプがあって、どこを損傷するとどういった症状が出やすいなど、臨床に生きる知識がたくさんあるところが好きです。 失語症のみならず、好きな授業と聞かれたらどれにしようと迷ってしまうくらい楽しい授業が多いです。

今一番力を入れていること・頑張っていることは?

今一番力を入れていることは、実技演習です。二年生は一年生に比べると実技演習の授業が多く、さらに臨床実習もあります。 空きコマに教室で練習したり、自宅で何回も練習したりと、一年生の時に一生懸命勉強して得たことを活かせるように頑張っています。もちろん、一年生の時につけた毎日勉強する習慣も続けています。

埼玉福祉のココが好き!

先生と生徒の距離が近いところです!自分の学科はもちろん、他学科の先生も学科を超えて声をかけてくれます。 悩み事や困ったことはすぐに相談でき、授業や進路で気になったことがあったらいつでも聞けるので、学びに全力投球できる環境を作ってもらえます。

1日のスケジュールを教えてください

平日は通学と自主学習をしています。土日は友達と遊んだり、配信サービスで映画を観たり、平日できなかった家事をすることが多いです。平日に終わらなかった授業の復習や自主学習も土日で調整します。

学校生活の様子

担任の先生のお誕生日を、サプライズでクラスみんなでお祝いしました。友達とドキドキしながら企画しましたが、喜んでくれて良かったです。

一年生の時に使用していた小児科学の教科書です。このときに一生懸命書き込んだ内容に助けられることが、二年生になった今も多々あります。

資料請求 オープンキャンパス LINE相談