海外研修

埼玉福祉•保育専門学校の国際教育

埼玉福祉•保育専門学校の母体である滋慶学園グループでは、より広い視野でモノを捉えられる国際的な感性を養うことを建学の理念の一つとしています。
海外研修に参加し、「介護福祉」「社会福祉」「児童福祉」各分野の先進国で学ぶことができる一方、学内で、ネイティブの英語、また各国の価値観や文化の違いを学ぶことができます。

海外研修

埼玉福祉•保育専門学校の海外研修は、国際教育という理念に基づく主要な教育実践の場となります。
海外研修では、海外の最先端の福祉や医療・保育に触れることはもちろん、文化や価値観の違う相手と接することで、自分とは違う考え方を受け入れる力を身につけます。
その経験が、福祉や医療・保育の現場で高齢者や子ども・障害者と接する時に力となります。

介護福祉士科Ⅰ部・Ⅱ部

介護福祉士科

福祉先進国のスウェーデン。最先端の福祉制度を学び、施設を見学します。最終日には、デンマーク・コペンハーゲンでのフリータイムもあります。

社会福祉士科

社会福祉士科

提携校である西フロリダ大学の学生と「日米福祉学会」にて交流します。青い海、澄みきった空気の中でディズニーランドフリータイムも充実しています。

こども福祉科

こども福祉科

デンマークは「いじめのない国」として有名。研修では、デンマークの児童福祉制度を学び、また、保育園実習もあります。

介護福祉士科

介護福祉士科の海外研修では、福祉先進国のスウェーデンで最先端の福祉制度を学び、福祉施設を見学します。
デンマーク・コペンハーゲンでの自由時間もあります。

初日にスウェーデンの福祉制度について講義を受け、基本的な知識を身につけます。
その後は、日本語の通訳ガイドの方と一緒に、日本ではまだ珍しい高齢者住宅や認知症専門のグループホームなど様々な福祉関連施設を訪問します。

ナーシングホームでは利用者の方の居室を訪ねます。最新の福祉機器を見て触って学び、タクティールタッチの研修も実施。また、海外研修の時期にちょうど開催される現地のお祭り「ルシア祭」や現地の保健高校の学生との交流訪問は一生の思い出になるはずです。

社会福祉士科

提携校である西フロリダ大学で社会福祉を学ぶ学生と「日米福祉学会」にてお互いの国の福祉について意見交換を行ないます。
また年によって、ディズニーワールドに行ったり、ホームステイ体験をしたりと、盛りだくさんのプログラムが用意されています。

「日米福祉学会」では。西フロリダ大学で社会福祉について学んでいる学生と意見交換会を行ないます。互いの国の福祉制度の違いを直接話すことで、自国の福祉制度のことを客観的に見つめる機会となります。
大学でのプログラムを全て修了すると、学部長から1人1人に修了証が授与されます。

また、大型のショッピングモールでの買い物や砂浜散策、ディズニーワールドでの自由時間、ホームステイ体験など、貴重な経験が多数できます。

こども福祉科

デンマークは「いじめのない国」として有名。研修では、デンマークの児童福祉制度を学びます。

スベンボー市議会議場にて、市長よりデンマークの児童福祉についてレクチャー。質疑応答も活発に「なぜ、いじめ問題を克服できたのか」ここから海外研修がスタートします。

こども福祉科の海外研修では2日間に渡り、保育園実習を行います!英語を交えてコミュニケーション。気持ちが伝わりさらに感動!授業で学んでいる福祉英語も役立ちます。