• 社会福祉士養成科

金子 毅司先生

多くの価値観・様々な体験に触れる事で学びを深めて欲しい

プロフィール

担当教科

就労支援サービス、更生保護制度、低所得者に対する支援と生活保護制度、相談援助演習、国家試験対策(介護福祉士科)

前職・経歴

  • 経歴 大学を卒業後、労働組合が母体となる社会福祉法人で就労支援に携わる。その後も、知的障害者・精神障害者の方の支援を中心に行うが、障害者が地域にでることの社会的リスクについて学びたいとの想いから大学院へ進学した。現在も現場にて支援を行いつつ、講義を担当しています。

資格

  • 社会福祉士・精神保健福祉士

この仕事を目指したきっかけはなんですか?

さまざまな人とかかわり、多くの価値観に触れることができる仕事です。そのことが、自分自身の世界が広がっていくことの実感につながっています。 また、利用者の方や相談者と一緒に悩み、喜び、悲しむことができるのはこの仕事の大きな魅力のひとつだと思います。 社会福祉士には、個人に働きかけるだけではなく、社会に働きかける力も求められています。そういった取組みのなかから数は少ないですが、社会の変化を体感できることがあることも魅力のひとつだと思います。

授業の概要・取り組み・雰囲気など

講義科目では、法制度を取り扱うことが多いのですが、単に制度の説明にとどまることがないように留意しています。法制度が存在するのには理由があります。「なぜ、その法制度が必要なのか?」を考えていきます。そのためには、その時代背景など法制度の背後にあるものに目を向ける必要があります。講義の中では、極力これらの背景や制度がある理由について伝えることを意識しています。 「相談援助演習」などの演習科目では、とにかく学生のみなさんに「語って」いただいています。教員の役割としては、みなさんが安心して語ることのできる「場」をつくることと発表などで出た内容をフィードバックしていくことだと考えています。特に社会福祉士養成科は、社会人経験などさまざまな経験をされている方が多くいらっしゃいます。 それだけ、多くの価値観と触れることは、専門職にとって非常に貴重な学びになると考えています。そういった体験が授業のなかでできるよう気をつけています。 また、授業のなかでは私自身が経験した実務での話をするよう心がけています。よい方向に進んだケースだけでなく、失敗談、支援を行う上での悩みや葛藤を伝えることで支援現場の臨場感を感じていただければと思っています。

入学を検討している方へメッセージ

私たち支援者が成長していくことが、生きづらさを抱えている相談者や利用者の方の幸せに近づくのだと思います!そのために楽しくまじめに学びましょう!

金子 毅司 先生のブログ

社会福祉士養成科【夜間1年制】

埼玉県内唯一、夜間の社会福祉士養成施設です。全国トップクラスの合格率の「受験対策システム」で最短で国家試験合格を目指します。

詳細はこちら