自分の未来をイメージする、施設見学会

社会福祉士科2年生は、10月頭に実習が終わったばかりです。

実習後教育(実習の振返りをするプログラム)の延長として、

今回実習先にはなかった種別の施設へ、見学に行きました。

なぜ実習終わったばっかりなのに、施設見学?!

社会福祉士科は、活躍できる分野が幅広いため、今のうちからいろんな分野の施設を見学し、

自分の適正や将来を選択していくのです!

(いわば、大学3年生の企業研究と一緒です。)

今回は、羽生市社会福祉協議会さんがコーディネートしてくださって、

障がい者福祉施設、児童養護施設、在宅複合型ケアハウス、超強化型介護老人保健施設、と4つの違った

特色のある施設を見学することができました。

障がい者福祉施設は、地域で自然に生活するために、様々な工夫や働きかけをしていることを知りました。

利用者さん一人ひとりへ、細やかな目配りや気配りが、意識されているんだと感じました。

訪問させて頂いた児童養護施設は、設立40周年!

40年の間に、入所し成長してきた子どもたちの生活背景が、

社会背景とともに大きく変わったということがわかりました。

 

ケアハウス在宅複合型施設は、まるでホテル!!F山M冶さんの映画の撮影が入ったそうです。

充実した生活を送れる設備が整っていて、一人ひとりの居室も、広くて生活しやすそう。

まさしく「希望の街」です!

お土産に、手作りウサギ饅頭をいただきました!

もっちりした食感で、とってもおいしかったです!

超強化型介護老人保健施設の「超強化型」とは、4月の介護報酬改定に伴って設定された老健のタイプだそうです。

在宅復帰率やベット回転率等、在宅復帰をより進めている施設が、このように評価されるそうです。

理学療法士さんを中心に、さまざまな専門職の皆さんが、密に連携しています。

この日も、(見えないけど)90歳代の利用者が、エアロバイクを元気に漕いでいらっしゃいました。

各施設の努力を感じ、感動した一日でした。