埼玉福祉保育専門学校が大切にしている“つながり”

埼玉福祉保育専門学校が大切にしているつながり

埼玉福祉保育専門学校は
「福祉・保育業界とのつながり」「学科をこえたつながり」
「人と人とのつながり」「地域とのつながり」
を大切にすることで、学生の学びを支え、
学生の未来をつくります。

  • 福祉・保育業界
    とのつながり

    5,000人以上の卒業生
    福祉・保育業界で活躍中。
    この業界とのつながりを、日々の授業・
    実習・就職などに活かしています。

  • 学科をこえた
    つながり

    学科をこえた授業があり、
    幅広い知識を身につけられるので
    さまざまな福祉・保育分野で
    活躍できます。

  • 人と人との
    つながり

    学生と教員、保護者と教員など、
    人と人とのつながりを大切に、
    安心して学校生活を送れるように
    サポートします。

  • 地域との
    つながり

    在学中は地域と関わる
    授業や行事
    が豊富にあるので
    教室の中にはない発見や
    学びの機会がたくさんあります。

福祉保育業界とのながり

一番のやりがいは入居者さんの笑顔。一人ひとりの状況を常に把握し希望に沿える行動をしていくことは難しく、課題を感じることもたくさんありますが、入居者さんから『ありがとう』と言ってもらえるのが嬉しいです。Sさんはいつも明るく、私たちスタッフのことも気にかけてくださる優しい方。
入居者さんとの関わりを通して自分自身も成長できる、とてもやりがいのある仕事です。

福祉保育業界とのながり

学生時代は保育園でのアルバイトと勉強を両立しながらの生活でした。学校の先生に支えられて念願の保育士になることができた今は、こどもたちの笑顔に癒される毎日です。こどもへの接し方はまだまだ難しく、他の保育士さんを見て日々勉強。声掛け1つで表情が変わるこどもたちと真剣に向き合い、こどもや保護者から慕われる保育士を目指して仕事をしています。

福祉保育業界とのながり

大変だと思われがちな福祉の仕事は、生活の身近なところにあるやりがいの多い仕事。利用者さんの権利を第一に考えた対応や言葉遣いを常に意識しています。施設でのイベントを楽しんでくれる高橋さんのように、利用者さんの笑顔を見る瞬間は介護福祉士をしていて本当によかったと思える瞬間。
一度この道を諦めかけた学生時代に、親身になって背中を押してくれた先生に感謝しています。

学科のながり

さん

学校行事や地域のボランティア、国際教育など他の学科と一緒に活動する機会が多くあります。友達の輪も広がるし、同じ福祉を学んでいるけど専門分野は違うから、視点が違ったりして面白いです!

宍戸さん

保育士科でも車椅子の使い方を学んだり、手話の授業があります。今は障害があるこどもたちも、ないこどもたちも一緒に保育しているところもあるし、将来は児童養護施設で働きたいと思っているので、色々な勉強ができて将来、役に立つと思っています。

人と人とのながり

小林さん

アットホームで先生たちとの距離が近い学校だなって思います。勉強や学校生活のことはもちろん、専門職の先生が多いので将来のことも相談しています。

斎藤先生

学生たちはこの学校を卒業したら福祉・保育の現場に出て行くので、できるだけその将来のイメージがつくように、自分が経験してきたことを伝えています。みんなには、何より「自分らしく」働いていってほしいな。

人と人とのながり s08_03

岸本さん

毎週地域のこどもたちと保護者が来るエンゼルキッズで、こどもたちと遊んだり、保護者にお話を聞かせてもらったりしています。初めは保護者の方と話をするのは緊張したけど、毎週のように関わっていくことで、自然とお話できるようになりました。

関口先生

エンゼルキッズに通い始めてから1年半くらいです。学生さんたちはいつも笑顔でこどもと遊んでくれるし、ベテランの先生たちも一緒に見てくれているので安心して来ています。