社会福祉士短期養成科(通信課程)

埼玉県内唯一の短期養成学科

大学等で福祉分野を学んだ方・福祉現場での経験がある方を主な対象とする通信課程です。

定員 40名
募集地域 東京都・千葉県・埼玉県・茨城県・群馬県・栃木県・長野県・新潟県
(上記の都県に在住で、スクーリング時に本校へ通学可能な方)
修業期間 9ヶ月(4月入学)
入学要件
  • 大学・4年制専門学校で基礎科目(※2)を修めて卒業または卒業見込みの方
  • 3年制短大・3年制専門学校(夜間・通信を除く)で基礎科目(※2)を修めて卒業後、相談援助の実務経験(※1)が入学時までに1年以上になる方
  • 短大・2年制以上の専門学校で基礎科目(※2)を修めて卒業後、相談援助の実務経験(※1)が入学時までに2年以上になる方
  • 厚生労働大臣が指定する社会福祉主事養成機関の課程を修了後、相談援助の実務経験が入学時までに2年以上になる方
  • 児童相談所の児童福祉司、福祉事務所の身体障害者福祉司/知的障害者福祉司/査察指導員/老人福祉指導主事の相談援助の実務経験が入学時までに4年以上になる方

上記条件を満たさない方は社会福祉士科昼間部3年制もございます

1.平成20年度以前に大学、短大、専門学校に入学した方で旧基礎科目が適用される方

基礎科目とは、下記の科目であり、1~6をすべて修めている場合は入学要件に該当します。

  • 社会福祉原論
  • 老人福祉論
  • 障害者福祉論
  • 児童福祉論
  • 地域福祉論、社会保障論、公的扶助論のうち1科目
  • 法学、心理学、社会学のうち1科目

2.平成21年度以降に大学、短大、専門学校に入学された方

基礎科目とは、下記の科目であり、1~12をすべて修めている場合には入学要件に該当します。

  • 人体の構造と機能及び疾病、心理学理論と心理的支援、社会理論と社会システムのうち1科目
  • 社会調査の基礎
  • 相談援助の基盤と専門職
  • 福祉行財政と福祉計画
  • 福祉サービスの組織と経営
  • 社会保障
  • 高齢者に対する支援と介護保険制度
  • 障害者に対する支援と障害者自立支援制度
  • 児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度
  • 低所得者に対する支援と生活保護制度
  • 保健医療サービス
  • 就労支援サービス、権利擁護と成年後見制度、更生保護制度のうち1科目
通信課程の特長

通信課程の特長

片岡先生全員合格を目指し全力でバックアップします!

働きながら学ぶ方向けの〔効率のよい効果的な学習方法〕によって、最短で資格取得が可能になります。また、通学制の学生や卒業生と関わる機会があり、ネットワークを広げることもできるため、キャリアアップができる9ヶ月です。

国家試験対策室 片岡先生

合格率グラフ

合格までのサポートシステムが充実!!

希望者の方にはオリジナルの受験対策をすべて無料で提供!

スマホでいつでも過去問題が解ける!スマホでいつでも過去問題が解ける! 独自のe ラーニングシステムでスマホを活用して社会福祉士国家試験の過去問題にいつでもどこでもチャレンジすることができます。忙しいあなたでも国家試験の合格を目指せます。
※スマートフォン・パソコンでの受験対策は、別途10,000 円が必要になります。

福祉業界との太いネットワークで人脈作りはもちろん、就職や転職も支援!

就職率6年連続100%埼玉福祉•保育専門学校のネットワークを活かして、様々な福祉業界の方と情報交換をすることができます。在学中の人脈を活かして、キャリアアップを図ってみませんか?
また、希望される方には、就職・転職の支援を行い、一人ひとりが希望の就職先に就けるように全面バックアップしていきます。

6月には業界の方もお招きして国家試験合格祝賀会を開催しています

国家試験合格祝賀会
国家試験合格祝賀会
国家試験合格祝賀会
国家試験合格祝賀会
学習スケジュール

カリキュラムは4つの柱で構成されています。

自宅学習

自宅で履修科目を自分のペースで学習し、添削課題とレポート課題を提出期限までに送っていただきます。

スクーリング 学校に登校し、直接教員から指導を受ける授業です。
受験対策 国家試験受験に向けて、ポイント講座・模擬試験・集中講座・オリジナル教材学習を実施しています。
相談援助実習 実習対象者のみ福祉現場での実習があります。
平成29年度日程
  自宅学習 スクーリング 受験対策
4月 第Ⅰ期      
5月
  • 5月15日(月) 提出期限
  • 5月7日(日) 相談援助演習
  • 5月14日(日) 相談援助演習
  • 5月21日(日) 相談援助演習
  • 5月28日(日) 相談援助実習指導
  • 5月6日(土) ポイント講座
  • 5月20日(土) ポイント講座
6月
  • 6月30日(金) 提出期限
  • 6月4日(日) 相談援助実習指導
  • 6月10日(土) ポイント講座
  • 6月24日(土) ポイント講座

【第Ⅰ期履修科目】

  • 相談援助演習
  • 相談援助の理論と方法
  • 現代社会と福祉
  • 相談援助実習指導
  自宅学習 スクーリング 受験対策
7月 第Ⅱ期
  • 7月31日(月) 提出期限
  • 7月16日(日) 相談援助演習
  • 7月23日(日) 相談援助演習
  • 7月8日(土) ポイント講座
  • 7月15日(土) 第1回模擬試験
  • 7月29日(土) 夏期集中講座
  • 7月30日(日) 夏期集中講座
8月    
  • 8月5日(土) ポイント講座
9月    
  • 9月2日(土) ポイント講座
  • 9月16日(土) ポイント講座
  • 9月23日(土) 第2回模擬試験
  • 9月30日(土) 秋期集中講座

【第Ⅱ期履修科目】

  • 相談援助演習
  • 相談援助の理論と方法
  • 地域福祉の理論と方法

【相談援助実習】

8月〜10月上旬の間で23日以上180時間

  自宅学習 スクーリング 受験対策
10月 第Ⅲ期
  • 10月31日(火) 提出期限
 
  • 10月1日(日) 秋期集中講座
  • 10月7日(土) ポイント講座
11月
  • 11月30日(木) 提出期限
  • 11月19日(日) 相談援助演習
  • 11月26日(日) 相談援助実習指導
  • 11月4日(土) ポイント講座
  • 11月18日(土) 第3回模擬試験
12月    
  • 12月2日(土) ポイント講座
  • 12月23日(土) 第4回模擬試験
修了認定
第30回社会福祉士国家試験 1月27日(日)予定

【第Ⅲ期履修科目】

  • 相談援助演習
  • 相談援助の理論と方法
  • 地域福祉の理論と方法
  • 相談援助実習指導

【相談援助実習】

8月〜10月上旬の間で23日以上180時間

学費
選考料 5,000円
入学金 20,000円
授業料 300,000円
諸費用 10,000円
実習費(※) 100,000円
総合計 435,000円
  • ※実務経験が1年以上ある方は実習が免除になり実習費は不要です。
  • スマートフォン・パソコンでの受験対策は別途必要です。(費用10,000円)
  • 本校に合格し、学費を納付された方が、平成28 年3月末日までに本校への入学辞退の手続きをされた場合は原則として返還します。ただし、入学選考料及び入学金は返還できません。入学の要件を満たさない場合は、早期にご連絡ください。
  • テキストはご自身でご購入して頂きます。全科目を購入する場合は5万円程度かかります。
    推奨図書として「新・社会福祉士養成講座セット21巻( 中央法規出版)」をご案内しています。( 任意購入)

資料請求はこちら