入学選考要項(社会福祉士養成科・社会福祉士短期養成科[通信課程])

入試方法、学費に関しましてご不明な点は入試事務局までお問い合わせください。 TEL:048-649-2331

入学要件確認フローチャート

フローチャート

入学選考要項(社会福祉士養成科)

入試の種類

■一般入試
対象 以下の(1)〜(5)のいずれかに該当している方
  • (1)2018年3月大学卒業見込み者
  • (2)2017年3月以前に大学を卒業した者
  • (3)短大・専門学校等(3年制)を卒業した後、実務経験※1年を経た者
  • (4)短大・専門学校等(2年制)を卒業した後、実務経験※2年を経た者
  • (5)実務経験※4年を経た者
※ 実務経験…福祉施設・医療機関など指定施設において「相談援助業務」に従事したことをいいます。なお、詳細につきましては「財団法人社会福祉振興・試験センター」のホームページ(受験資格「相談援助実務」)をご確認ください。ご不明の場合は事前にお問い合わせください。
入試選考日 12月17日(日)
1月14日(日)
1月21日(日)
1月28日(日)
2月4日(日)
2月11日(日)
2月18日(日)
2月25日(日)
3月4日(日)
3月11日(日)
3月18日(日)
3月25日(日)
願書受付 2017年10月1日~
受験資格 -
選考内容 書類審査、面接、適性検査
特記事項 定員になり次第締め切り
■AO入試
対象 以下の(1)〜(5)のいずれかに該当している方
  • (1)2018年3月大学卒業見込み者
  • (2)2017年3月以前に大学を卒業した者
  • (3)短大・専門学校等(3年制)を卒業した後、実務経験※1年を経た者
  • (4)短大・専門学校等(2年制)を卒業した後、実務経験※2年を経た者
  • (5)実務経験※4年を経た者
※ 実務経験…福祉施設・医療機関など指定施設において「相談援助業務」に従事したことをいいます。なお、詳細につきましては「財団法人社会福祉振興・試験センター」のホームページ(受験資格「相談援助実務」)をご確認ください。ご不明の場合は事前にお問い合わせください。
入試選考日 8月6日(日)
8月20日(日)
9月3日(日)
9月17日(日)
10月8日(日)
エントリー期間 2017年6月1日~9月30日
願書受付 2017年8月1日~10月7日
受験資格 オープンキャンパスに1回以上参加後AOエントリーシート[書類No.4]を提出し、AO面談後にAO入試出願許可証を受け取った者
本校を単願で希望する者
選考内容 書類審査
特待生試験 2017年10月29日(日)
特記事項 入学定員の70%程度

出願時提出書類

入学願書 本校所定の用紙
受験票 本校所定の用紙
入学選考料受付台帳 (選考料20,000円) 郵送・持参とも、本校所定の用紙にて、郵便局で選考料の納入を済ませ、 「振替払込受付証明書(お客さま用)」を添付、提出。
AO入試出願許可証 【AO入試対象者のみ】
詳細はお問い合わせください。
大学卒業証明書 (卒業見込み証明書) 短大・専門学校卒業証明書 ※高等学校の証明書は必要ありません。
※卒業証明書等の氏名が旧姓の場合は戸籍抄本等が必要となります。
実務経験を証明する書類 【下記より実務経験証明がダウンロードが可能です】
養成科実務経験証明書(PDF)
【上記対象者(3)〜(5)の場合】
※最終学歴の卒業証明書をご提出ください。
※ご提出いただいた書類はいかなる場合であっても返却できません。

出願書類の提出方法

郵送 本校所定の封筒に必要事項を記入し、郵便局窓口より「簡易書留」にてお送りください。
持参 下記の取扱時間で本校の窓口へ持参してください。 9:00~18:00(土・日・祝日も可)

入学選考要項(社会福祉士短期養成科[通信課程])

大学等で福祉分野を学んだ方・福祉現場での経験がある方を主な対象とする通信課程です。
募集地域 東京都・千葉県・埼玉県・茨城県・群馬県・栃木県・長野県・新潟県 (上記の都県に在住で、スクーリング時に本校へ通学可能な方)
修業期間 9ヶ月(4月入学)
入学要件
  • 大学・4年制専門学校で基礎科目(※2)を修めて卒業または卒業見込みの方
  • 3年制短大・3年制専門学校(夜間・通信を除く)で基礎科目(※2)を修めて卒業後、相談援助の実務経験(※1)が入学時までに1年以上になる方
  • 短大・2年制以上の専門学校で基礎科目(※2)を修めて卒業後、相談援助の実務経験(※1)が入学時までに2年以上になる方
  • 厚生労働大臣が指定する社会福祉主事養成機関の課程を修了後、相談援助の実務経験が入学時までに2年以上になる方
  • 児童相談所の児童福祉司、福祉事務所の身体障害者福祉司/知的障害者福祉司/査察指導員/老人福祉指導主事の相談援助の実務経験が入学時までに4年以上になる方
入学選考日程
選考内容 書類選考+面接+適性検査
特記事項 定員になり次第締め切り

1.平成20年度以前に大学、短大、専門学校に入学した方で旧基礎科目が適用される方

基礎科目とは、下記の科目であり、1~6をすべて修めている場合は入学要件に該当します。
  • 社会福祉原論
  • 老人福祉論
  • 障害者福祉論
  • 児童福祉論
  • 地域福祉論、社会保障論、公的扶助論のうち1科目
  • 法学、心理学、社会学のうち1科目

2.平成21年度以降に大学、短大、専門学校に入学された方

基礎科目とは、下記の科目であり、1~12をすべて修めている場合には入学要件に該当します。
  • 人体の構造と機能及び疾病、心理学理論と心理的支援、社会理論と社会システムのうち1科目
  • 社会調査の基礎
  • 相談援助の基盤と専門職
  • 福祉行財政と福祉計画
  • 福祉サービスの組織と経営
  • 社会保障
  • 高齢者に対する支援と介護保険制度
  • 障害者に対する支援と障害者自立支援制度
  • 児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度
  • 低所得者に対する支援と生活保護制度
  • 保健医療サービス
  • 就労支援サービス、権利擁護と成年後見制度、更生保護制度のうち1科目

出願時提出書類一覧

提出書類
入学願書 本校所定の用紙
証明写真1枚 上半身正面4×3cm・3ヶ月以内に撮影
*入学願書に貼付してください
受験票 本校所定の用紙(持参の場合、切手は不要です)
郵便振替払込受付証明書台帳 [選考料5,000円]本校所定の用紙
*所定の振替用紙にて郵便局で選考料の納入を済ませ、添付してください
入学要件別の書類 入学要件により、下記の証明書が必要です。
入学要件別の提出書類
入学要件 大学など卒業証明書 短大・専門学校卒業証明書 実務経験(見込)証明書 実務経験(見込)証明書[個票] 基礎科目履修証明書 社会福祉主要養成機関修了証明書
4年制大学等で基礎科目を履修し、卒業(見込)の方 - -
3年制短大・専門学校などで基礎科目を履修し、卒業後、実務経験1年以上(見込)の方 - -
短大・2年制以上の専門学校などで基礎科目を履修し、卒業後、実務経験2年以上(見込)の方 - -
社会福祉主事養成機関終了後、実務経験2年以上(見込)の方 - - -
児童相談所の児童福祉司などで実務経験4年以上(見込)の方 - - - -
※相談援助業務1年以上で実習免除に該当される方は、ご提出ください。
注意事項
※各証明書は、「卒業証書」「修了証書」とは異なります。必ず各機関に申請をし、発行されたものをご提出ください。
※卒業証明書や修了証明書に帰されている氏名より変更になっている場合は、氏名変更が公的に証明できる書類(戸籍妙本)の原本を合わせてご提出ください。

出願書類の提出方法

郵送 本校所定の封筒に必要事項を記入し、郵便局窓口より「簡易書留」にてお送りください。
持参 下記の取扱時間で本校の窓口へ持参してください。
9:00~18:00(土・日・祝日も可)
※事情により上記時間以外の受付を希望される場合は、事前にお問い合わせください。入学事務局:048-649-233