卒業生インタビュー! ~介護にまつわるエトセトラ~

こんにちは。介護福祉士科の新井です。
今日は、平成16年卒業の介護福祉士AさんとIさんにインタビューしました!

DSC_0865

介護福祉士を取るルートは2つあります。

介護福祉士養成校ルート(学校+国試)と、実務経験ルート(実務3年+研修+国試)。

介護福祉士養成校ルートのメリットや強みはなんですか?

養成校卒業者は、学校で基礎を徹底して学んでいるので、仕事の飲み込みが抜群によいですね。

介護のプロとしての成長の「質」と「スピード」がまったくちがう。学費がかかりますが、そのぶん未来が変わるはずです。

実習でいろいろな介護現場を見れるのもよいですね。

それから、クラスメイトと先生は、一生つきあえる未来の仲間になります。

悩んだときは、いつでも相談できて心強いですね。いろいろな情報も得ることができますし。

 

介護の仕事の魅力はなんですか?

日々、変化のある仕事です。

「今日の利用者さんは元気だ」とか、「利用者さんのできないことができるようになった」とか、「花が咲いた」とか・・・。

そういう変化が好きですし、小さなことが嬉しい。

ここまで人に感謝される仕事はないですね。とくに利用者さんの家族から感謝されることが多い。

人の生き死にに深く関わる仕事です。私たちは、人の死と向き合い、その人らしい死を支援することを通じて、

人間としての生き方を考えることになります。

自分の人生観が豊かになり、人として成長できる仕事であることが魅力ですね。

 

Aさん、Iさん、インタビューありがとうございました。

また気軽に立ち寄ってくださいね!