様々なイベント(その2)

通常の授業ばかりではなく、授業の一環として、あるいは授業や学校と関連して、様々な取り組み(本稿では「イベント」と呼びます。様々なイベント(その1)」に続いて、その2をお届けいたします。

1月28日(日)には、介護福祉士国家試験が実施されました。本校からは、介護福祉士科2年生と介護福祉士科Ⅱ部3年生が受験しました。本校の学生は、立正大学、獨協大学、幕張メッセの3会場に分かれての受験でした。

詳しくは、介護福祉士科のブログ「第30回介護福祉士国家試験」をご覧ください。

国家試験の翌日の1月29日(月)は、介護福祉士科2年生全員が、1月31日には介護福祉士科Ⅱ部3年生が、学校に試験問題を持ち込んで、国家試験の振り返りと自己採点を行いました。

8 問題 9 回答中

自信満々で自己採点に取り組む者、やや自信なさげに取り組む者など、悲喜こもごもな表情を見せておりました。

冒頭、進められるままに、私自身の特別支援学校で障害のある子どもたちへの対応やそこで経験したことなどをお話しするとともに、「自分が介護福祉士として必要とさせる人材であることの自信、それを実現して社会で貢献するという信念を持ってください」と、語らせていただきました。

11 自己採点 10 自己採点

試験結果は大いに期待できます。本校では、様々な学習経験を積んできており、その主に理論面の結実が資格取得となります。

本校での経験を踏まえて、4月からは専門性の高い介護福祉士が誕生いたします。

 

本校「キャリアデザインコミュニケーション科(以下、「CC科」と呼びます)」では、他の学科とは異なり、自らの可能性を広げそれらを通して将来のあり方や職業の探求のために、様々な学習や体験を行っております。実際、CC科の授業は、「社会人基礎講座」「スポーツ」「美容」「ホームヘルプサービス(介護職員初任者研修)」から、各種検定まで、極めて多種にわたっております。

その中で「フードコーディネート」の授業もあり、1月30日(火)には、その学習成果の発表を兼ねた、販売体験を行いました。詳しくは、CC科のブログ「キャリアデザインコミュニケーション科 販売体験」をご覧ください。

会場は姉妹校の「埼玉ベルエポック製菓調理専門学校」の実習室をお借りし、朝からクッキーやパンの仕込を行いました。

CC 1 CC 2

会場の準備も整えて、いざ販売開始!

CC 3 CC 5

お客様の誘導から接客、会計までそれぞれに分担をし、ときにはお互い同士が声を掛け合いながら、お客様一人一人に丁寧に、また元気良く対応をしておりました。

CC 4 CC 4.5

残念ながら「完売」とまでは行きませんでしたが、みんな達成感に溢れた表情を見せておりました。この取り組みの中で、CC科の学生たちもたくさんのことを学ぶことができたことでしょう。

CC 6

このように、本校では学習の場を教室のみとせず、学習成果を保護者の皆さまはもちろん、地域の皆さまにもご覧になっていていただく機会もありますし、資格取得という大きな目標に向かって取り組みもあります。

このように、各学科や学校全体で行われる「イベント」によって、学生たちの意欲が喚起されるとともに、将来の職業生活においても大きな財産となってまいります。