大宮アルディージャ手話応援を通じてボランティアを考える

毎年恒例!大宮アルディージャ手話応援が今年も6月4日(日)に行われました

介護福祉士科からは総勢17名の2年生が参加(介護福祉士科からは過去最大人数!)

オレンジ色に染まるゴール裏スタンド

IMG_3915

介護福祉士科の学生達は、手話応援を指揮する「コールリーダー」役を表す紺色のTシャツを身に着け、障がいの有無に関わらず誰もが一緒にサッカー観戦を楽しめるよう、手話や手拍子でスタンドを盛り上げました。

当日はこんな学生も...

家計お助け銭隊!FPレンジャーのブルーに変身し、スタンドの最前列で応援を盛り上げていました。

 

試合は1-1の引き分け...

後半に大宮が追いつき、コールルーダーは立ちっぱなしで必死の応援...

結果は1-1の引き分けで勝点1をGET! 「手話応援DAYは負けない」神話を継続できました。

選手達も私達の前に来て「愛してるぜ!」

試合後、地域の有志で結成された実行委員(埼玉福祉・保育専門学校も実行委員です)のメンバーと一緒に記念撮影!

多くの人に支えられて手話応援が成り立っていることを実感

全員

来春には介護の現場で活躍する2年生達。

福祉の現場はこれからより一層、地域とのつながりが大切になってきます

ボランティアに参加する側から、集めてまとめる役に。

手話応援がそんな学びの場にもなってくれたらいいなぁ

 

 

 

 

 

 

介護福祉士科【昼間部2年制】

介護+アルファの学びを楽しみながら 国家試験合格を目指します。

詳細はこちら

  • 最近の投稿
  • カテゴリー
  • アーカイブ